1720年頃の作品と思われ、息子デル・ジェスの手がかなり入っている。ストラディヴァリのロングパターンを思わせる型で、表板は割れが多いが、変化に富んだ音色はリサイタル、コンサートに使用できる。