弦楽器専門店 石川県金沢市(富山、福井) ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌ金沢店-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ金沢店のトピックス-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ金沢店のバックナンバー-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

石川県金沢市広岡1-2-26
AGS2ビル502
TEL:076-221-1779
FAX:076-232-3249
営業時間:10:00〜18:30
定休日:日・月

シャコンヌ金沢店の地図

地図クリックで拡大します

【北陸新幹線開通記念セール開催中!5月28日(木)まで】
3月14日、北陸新幹線の金沢〜長野間が開通し、金沢市内は大賑わいです。特に金沢駅は、遠来の客とお迎えする側とでごった返しており、駅の西口から東口に通り抜けるだけで大変でした。東京まで1時半短縮されるわけですが、行き来がしやすくなるということがこれだけ人々の気持ちを明るくするものかと驚いています。

シャコンヌ金沢もこの雰囲気にのって、セールを行っております。

学生さんや、これから楽器をはじめようかと思っている方に特にお勧めしたいお値打ちのヴァイオリン、ヴィオラ、チェロを揃えて皆様をお待ちしております。お値打ちといってもそこはシャコンヌですから、音がいい、弾きやすい、というのは譲れないところです。

一度弾き始めたらもうやめられない、いつまでも弾いていたくなるようなそんな楽器が並んでいますよ。是非見に来てください。

セール特典(ご来店の方のみ)
弓の毛替:スタンダード、スペシャル 1,000円引き
       スチューデント 500円引き
弦、小物:通常販売価格からさらに10%引き
楽器、弓をご購入の方:毛替無料券を差し上げます。

※ポケットスコアの棚も大きくしました。これからは少しマニアな曲も増やしていこうと思っています。こちらもご利用ください。シャコンヌは普段から楽譜、スコアもお得です。
国内版 20%引き 輸入版 28%引き


【富山展示会を開催します】
5月30日(土)、31日(日)富山市観光物産センター

詳細は決まり次第ホームページ等でお知らせいたします。
なお、上記セールは富山展示会場でも行います。

最新の記事
2015.02.15更新
2014.12.28更新
2014.12.13更新
2014.08.29更新
2014.01.28更新
2013.11.28更新
2013.09.14更新
2013.04.27更新
2013.01.26更新
2012.11.27更新
2012.09.26更新
2012.05.31更新
2012.04.26更新
2012.01.24更新
2011.12.09更新
2011.10.27更新
2011.09.21更新
2011.07.12更新
2011.06.11更新
2011.05.19更新
2011.04.14更新
 
過去記事一覧
シャコンヌ金沢店スタッフより
「遠鳴り」という不思議な現象について  

これまで名演奏家といわれる人々は、ほとんどストラディヴァリをはじめとするオールドイタリーの名器を使ってきました。これはストラディヴァリが持つ「遠鳴りする」という性能がソリストにとって必要不可欠だからなのです。遠鳴りとは、どんなに大きなコンサートホールでも音が客席の最後列まで届く。たとえどんなに小さな音でもそれは変わらない。オーケストラが大音響で鳴っていてもかき消されることなくソロの音がくっきり聞こえる。そういった性質の鳴り方を言います。どうしてこんなことが可能なのか不思議です。

2013年秋にNHKで放映された『至高のヴァイオリン ストラディヴァリウスの謎』という番組の中でイツァーク・パールマン氏がこんなことを言っていました。「ストラドの音は本当に澄んでいるのです。ですからコンサートホールではすべての音が一列目から最後列まで届きます。音が大きいからではありません。澄んでいるからです。」

また、諏訪内晶子さんはストラドの音について「ビロードの生地の上を水滴がころころ転がっている感じ…。」といっています。これは音の粒がそろっていることを表現するための言葉ですが、音のヴォリュームが減衰することなくどこまでも遠くへ運ばれていく遠鳴りという現象を図らずも言い当てたと解することもできます。

『遠くへ届くのは音が純粋だから…』この謎のような言葉をどう解釈したらよいのでしょうか。

音は波の一種で、光も波、大震災で被害をもたらした津波も波です。おそらく似た性質があるはずです。遠くへ届くといえば津波もそうだし、光でいえばレーザー光がまさにそれに当たります。

私たちが普通に目にする光は電燈のようにだいたい白っぽい色で、近くを照らすが遠くへは届きません(けた違いにハイパワーな電燈は別として)。色が白いのはいろいろな波長の光が複雑に混るためで、異なる波長同士が力を打ち消しあうために早くから減衰し拡散するため遠くへは届きません。

これに対しレーザー光は人工的に作った単一の波長であるため、一定の色を持っています。よく大パネルを使った講演会や建築現場などで使われるレーザーポインターの光は、ペンライトのようなものの先端から細く赤い光が同じ太さで減衰拡散することなくどこまでも伸びていきます。また、波の山谷(位相)をも人工的に揃えているため乾電池程度の小さな電源であっても、その光は結構なパワーを持っています。医療現場でレーザーメスとして利用されるように、レーザーのような純粋な波は思いがけないような破壊力を持ちます。

これは「純粋だから遠くへ届く」という遠鳴り現象に似てはいないでしょうか。これは、科学に詳しくはない私の感触のようなものですが波の性質の類似性を考えるとあり得ることではないでしょうか。

松本

 
2015/3/19 金沢店
  シャコンヌホーム
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ