チューニングがしづらいのですが?

ペグ(糸巻き)が硬い、ペグがゆるいために調弦がしにくいというご相談を受けることがあります。

ペグのすべり具合が原因の一つですが、弦の巻き方もその原因になります。

写真1のように、弦を巻くときに弦がぺグボックスの内側の壁にぶつかると、巻くときにペグを引き込んでしまいペグが硬くなります。逆に写真2のように、壁から離れすぎるとペグを引き出してしまいゆるくなってしまいます。このことに注意し弦を巻くようにすると良いです(写真3)。弦の巻き方を変えるだけでペグの不具合が解消できることもあります。お試しください。

写真1
写真2
写真3