弦の交換時期はいつごろですか?

目安としては、3か月から半年の間で時期を決めて、全弦同時に交換するのが望ましいでしょう。また、出演する演奏会の1週間くらい前に替えるようにしている方も多いようです。E線はスチール製でさびやすいため、他の弦よりは頻繁に換える必要があると思われます。

特に暑い時期は、普段より傷みやすいので、弦の劣化が速くなります。

弦は、手の汗や湿気でさびたり傷んだりしやすい物です。できれば定期的に交換することをおすすめします。弦の種類によっては2~3か月で音が悪くなってくるものもありますので、‘最近楽器の鳴りが悪くなってきたな’と感じられたときは、まず弦を交換してみてください。

弦の材質や使用頻度によって違いがありますが、一般的には、張り替えてから1か月位がピークで、そこから徐々にパワーが無くなり、3か月位で伸びきってしまいます。我慢して使い続けても、半年が限度のようです。ガット弦とナイロン弦を比べると、ナイロン弦のほうが伸びやすいため、良い音が出るという意味では、寿命は短いようです。

たいていの場合は半年が来る前にさびたり、巻き線が剥れるなどのトラブルが生じて、換えざるを得なくなります。毎日数時間は弾いているプロの演奏家や音大の受験生の中には、1か月もたないとおっしゃる方もいます。

また、傷んだままの弦で弾いていると、音が悪いだけではなく、指板に傷が付きやすく、弦を押さえたときの跡が通常よりもはやく付いてしまいます。

これも音が悪くなる原因になりますので、指板修正などの修理が必要になってきます。やはり傷んだ弦は早めに交換したほうがよいでしょう。

そして、予備弦として、1セット常に用意しておくのもよいと思います。