ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロでお困りのことはございませんか?

相続査定、保険査定、時価査定

相続や保険など評価額の判定についてご相談を承ります。楽器の価値判断は専門的な知識と経験を要します。古い弦楽器の価格は、どこで、いつ頃、誰が作ったかという鑑定結果による差はもちろん、同じ製作者の作品でも一台一台優劣があり、またコンディションによって大きな差があるべきです。

購入、売却に関する助言

購入時の提示価格が適正価格なのか、指導者による生徒への楽器購入の強要への対処など、セカンドオピニオンの観点から助言致します。ヴァイオリンについての知識や常識とされる物事で、古い考えや非論理的、非科学的なこと、間違った知識が、多くの出版物にも見られます。間違っていると思われること、正しくないことは明言し、正しい理解を得られるように努力します。

楽器の鑑定

古いヴァイオリン属の弦楽器は真贋問題がつきまといます。鑑定する条件は、長いディーラーとしての経験、修理者としての経験と、多くの文献を研究し記憶することです。また、何よりも大切なことは、同じ製作家、製作地、時代のものを数多くコレクションするという熱意があって初めてなされるものです。 多くの資料と経験を元に精度の高い鑑定を致します。

修理、調整に関する助言

弦楽器は音色が命です。どんな高価な楽器でも、正しい修理・調整がなされなければ、奏者にとって不快なものになってしまいます。ご自身のヴァイオリンが充分な能力を発揮できているのか、修理調整が必要なのか助言致します。調整作業にも応じます。

ご相談の流れ・料金について

ご相談の流れ

  1. お電話にてご連絡ください。秘密厳守にてご相談内容を承ります。
  2. 可能であれば当該楽器をご持参の上、お越しください。
    また、購入時の鑑定書、納品書等をお持ちでしたら、ご持参頂けるとより的確な判断・助言ができます。
  3. 必要な提案、作業を致します

料金

ヴァイオリンコンサルタント 窪田博和

メッセージ

大学オーケストラでチェロを始め、音楽に浸りきった4年間。ヴァイオリン作りの道を一旦は断念し、人生の方向がはっきりしなかった時、大学オーケストラのチェロパートの先輩より譲っていただいた、ストラドマガジンのオークション記事が、私の人生を決定しました。

それ以来、ヴァイオリン作りのメッカであるクレモナ、ミッテンヴァルドを始め、オールドヴァイオリン市場の中心地であるロンドン、ニューヨーク、パリ、又現在最もヴァイオリンが盛んな中国の北京、上海と、世界各地のヴァイオリン製作家、コレクター、ディーラーと長い間親しく交流を重ねてきました。

この間色々な事がありました。困難な時期、失敗した事、判断を誤った事など思い出は尽きませんが、いつもお客様、弦楽器愛好家の皆様のおかげで乗り越えてくる事ができました。 数多くの名器に囲まれ、それらを修復・調整することができ、念願のオールド・イタリアニスをほぼ作り出すことができたという幸福の中で、毎日仕事を楽しんでいます。

又、余暇にはオーディオを趣味とし、美しい音を追求しています。良い音、良い音楽は人間を幸せにするのです。 音楽愛好家として、弦楽器のスペシャリストとして、私のこれまで得た経験を生かし、可能な限りお役に立ちたいと思っております。今後も皆様とすばらしいお付き合いができ、豊かな音楽界を築けるよう、最大の努力をしてまいります。

プロフィール

「多くの人に音楽を楽しんでほしい」と単身渡欧して楽器の買い付けとともに技術を学び帰国後の1976年に個人にて創業、1982年に会社を設立。以来、現地技術者の招聘、演奏会の開催、価格上昇につながる謝礼制度の廃止など、音楽文化の普及継承を目指し活動を続ける。従来の修理技術・音調整を見直し、研究を続け、その知見を基にした楽器製作を行う。朝日新聞、読売新聞など多数の新聞に「ストラディヴァリを目指すヴァイオリン職人」として記事が掲載される。 NHKスペシャル「ストラディヴァリの謎」に製作者として出演。2017年のNHK「クラシック音楽館〜ヴァイオリン500年の物語〜」では楽器を科学的に分析する内容でそのカギを握る職人として特集される。現在は、シャコンヌの一切の役職を辞し、ヴァイオリンコンサルタントとして専門的アドバイスを行っている。

 

お問い合わせ先

TEL:052-202-1776

名古屋市中区栄2-11-19 熊田白川ビル3F(弦楽器専門店シャコンヌ内)
営業時間:10:00〜18:30 定休日:日・月・火・金

Copyright Kubota Hirokazu All Rights Resarved.