《The Fulton Collection  A Guided Tour》

弦楽器コレクターとして有名なデイヴィッド・フルトン氏の40年以上に渡るコレクション形成の年代記であり、フルトン氏の目を通して語られるすばらしい人生の物語。

初めに彼が入手したP.Guarneri,Mantua〈Shapio〉からコレクションした順番で並べられ、メニューインが使用していたガルネリ・デルジェス〈Lord Wilton〉、非常に珍しいガルネリ・デルジェスのチェロ〈Messeas〉等々、載っている楽器ひとつひとつがそれぞれ興味深い。

綺麗な写真や詳細なデータと共に、コレクターらしくその楽器を手に入れた時の顛末やその楽器にまつわるエピソードなどもマニアックに掲載。

常に最高のものを求める恍惚のコレクターの世界へようこそ!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2022-02-01-10.43.35.png

◆掲載楽器◆

Violin, Pietro Guarneri, Mantua, 1698, Shapiro
Violin, Antonio Stradivari, 1715, Baron Knoop, ex Bevan
Viola, Vincenzo Rugeri, Cremona, 1697
Violin, Guarneri del Gesù, 1734, Haddock
Viola, Antonio & Girolamo Amati, 1619, Fulton
Violin, Antonio Stradivari, 1714, General Kyd, ex Sinsheimer, ex Perlman
Cello, Domenico Montagnana, Venice, 1737, Gudgeon
Viola, Giuseppe Guadagnini, Parma, 1793, Rolla, ex Wanamaker
Violin, G. B. Guadagnini, Turin, c. 1778, Fulton
Violin, Guarneri del Gesù, 1737, Panette, ex Balâtre, ex Isaac Stern 
Viola, Gasparo da Salò, c. 1580, Fulton, ex Baird, ex Krasner
Violin, Carlo Bergonzi, c. 1735, Kreisler, ex Perlman, ex Baron Knoop 
Cello, Pietro Guarneri, Venice, 1735, Harrison, ex Baron Knoop
Violin, Guarneri del Gesù, 1735, D’Egville, ex Prince Wilhelm
Violin, Antonio Stradivari, 1713, Baron d’Assignies
Cello, Guarneri del Gesù, 1731, Messeas
Cello, Antonio Stradivari, 1713, Bass of Spain, ex Adam, ex Duc de Camposelice
Violin, Guarneri del Gesù, 1743, Carrodus, ex Hottinger, ex Engleman
Violin, Antonio Stradivari, 1715, Marsick, James Ehnes
Violin, Antonio Stradivari, 1719, Duke of Alba
Violin, Guarneri del Gesù, 1742, Lord Wilton, ex Lord Menuhin
Violin, Guarneri del Gesù, 1737, King Joseph, ex Havemeyer, ex Hawley
Violin, Guarneri del Gesù, 1738, Kemp
Viola, Girolamo (Hieronymus) Amati Ⅱ, Cremona, 1703
Violin, Voller Brothers, 1898 bench copy of the D’Egville del Gesù
Viola, Andrea Guarneri, Cremona, 1676, Conte Vitale, ex Landau
Violin, Antonio Stradivari, 1733, Sassoon

*フルトン氏一番のお気に入りである黄金期のストラディバリ‘Baron Knoop’を現代屈指の名手ジェームス・エーネス氏が弾いています。エーネス氏は、弊社創業者であり現在ヴァイオリンコンサルタントとして活躍中の窪田博和氏が出演した2017年7月23日放送のEテレ クラシック音楽館「バイオリン500年の物語」でも‘Baron Knoop’で演奏し、また音響データの測定にご協力くださいました。

出版社Peter Biddulph Ltd
464ページ 
2.9kg 
販売価格33,000円(30,000円+消費税3000円)

il Cremonese 1715 300th ANNIVERSARIO

Fondazione Museo del Violino Antonio Stradivari Cremona

イタリア、ロンバルディア地方の小都市クレモナに栄光をもたらした第一の人ストラディヴァリ。彼の長い製作家人生のまさに黄金期の楽器の一つに、その誕生の地クレモナをニックネームにもつヴァイオリンがあります。このヴァイオリンは、いろいろな演奏家たちとの長い旅を経て1961年クレモナに戻り、町のシンボルとしてil Cremoneseと呼ばれるようになりました。

この本は、今年(2015年)il Cremoneseが300歳を迎えたことを記念して出版されました。il Cremoneseの歴史をたどる試みや、当時の音楽事情とヴァイオリン、il Cremoneseを弾いたヴァイオリニストたちへのインタヴュー、さらには現代の機器で科学的に計測した音の分析データなど、専門家の寄稿が盛りだくさんです。

il Cremonese での演奏CD付き。(violin- Edoardo Zosi, piano-Stefania Redaelli)

限定800部 141ページ 30,000円(税抜)

The Monograph Collection

著John Dilworth 編John Milnes Usk Publishing

老舗J&A Beareと新進のAmati Instrumentsの共同企画による貴重な名器についてのモノグラフ集です。製作が最も真剣になされた時代の1挺の楽器について、どのような人たちの手を渡ってきたのか、製作における技術的な特徴などを、美しく且つ説得力ある写真と合わせて1冊にまとめています。文字は大き目で、配列もゆとりがあり読みやすくなっています。

1巻目は、ストラディヴァリが多くの名器を製作した1709年から、 ‘La Pucelle。2巻目は、チェロという楽器の歴史の中で、オリジナルのサイズから縮小されている ‘Archinto’。3巻目もまたストラディヴァリの 美しく保存状態が極めて良いヴァイオリン ‘ Tyrrell’ 。4巻目はシュタイナーのヴァイオリン ‘King’。全4巻です。

A4サイズ、ハードカバー
4巻セット価格 ¥50,000(税抜)
ⅠAntonio Stradivari ‘La Pucelle’ Violin 1709、42ページ
ⅡAntonio Stradivari ‘Archinto’ Cello 1689、42ページ 
ⅢAntonio Stradivari ‘Tyrrell’ Violin 1717、 38ページ
ⅣJacob Stainer The ‘King’ Violin c.1670、40ページ

Ⅲ ‘Tyrrell’のみ、単体での販売有ります。¥15,000(税抜)

Stradivari Books

ストラディヴァリ140挺掲載の豪華写真集

4巻セットで、ストラディヴァリの名器を原寸大で収録。合計約1,000ページにわたり、ヴィオラ4挺、チェロ17挺を含む140艇の表・裏を原寸大で、またスクロールやf字孔もアップで掲載されており、細部まで詳しく見ることができます。各楽器の寸法データ収録のDVD付きです。限定2,000部(シリアルナンバー付き)。

楽器を製作されている方や、研究されている方必見の書籍です。また、大学図書館などの蔵書としても最適です。

¥284,000(税抜)

FOUR CENTURIES OF VIOLIN MAKING

イギリスの伝統あるオークションハウス、サザビーズがこれまでに取り扱ってきた多くのオールドイタリー名器が収録された豪華版カタログです。
シャコンヌは、日本唯一の代理店として、皆様にご紹介致しております。
75人の製作家による230挺の名器を、高音質カラー写真にて掲載。
640ページ。
スタンダード版 ¥39,000(税抜)
デラックス版   ¥62,860(税抜)

The Brompton’s Book of Violin & Bow Makers《SOLDOUT》

製作者事典といえば ‘Universal’ でしたが、ついに最新の製作者事典ができました。一万以上の製作者を網羅し、見やすい紙面と簡潔な言い回しで使いやすくなっています。
著者John Dilworthが、製作者・専門家として40年以上積み重ねた豊富な知識と経験と、過去・現代の研究者たちによる膨大な蓄積を厳密に調査してまとめた一冊。ヴァイオリンディーラーの新しい基本書です。
楽器の写真、詳しい資料を他の書籍・図鑑から検索するのに大変便利な巻末付録つき
初版2012年9月 限定1000部
著John Dilworth 出版Usk Publishing
¥30,000(税抜)

The Travels of J.B.Guadagnini

ガダニーニ派の代表格、J.B.ガダニーニの足跡を追う書籍。イタリアの各地で楽器を製作したG.B.ガダニーニの生涯と、それぞれの地で製作した楽器について。

128ページ
¥10,000(税抜)

HARRY WAHL’S VIOLINS

1940年に亡くなったHARRY WAHLの生涯と彼のコレクションが掲載されています。
ニコラ・アマテイ、アントニオ・ストラディヴァリ、ガルネリ・デル・ジェス、G.B.ガダニーニ、ドメニコ・モンタニアーナなどを含む多数の楽器を掲載。

108ページ
¥15,000(税抜)

The Late Cremonese Violin Makers

後期クレモナ派(ストラディヴァリより後)の写真集。ベルゴンツィ、ストリオーニ、チェルーティなどを掲載。

322ページ
¥80,000(税抜)

Musical Instruments in the Ashmolean Museum《SOLD OUT》

イギリスのAshmolean Museumが所有する楽器コレクションのカタログ。
1969年に出版され長い間絶版となっていたものを300以上の新しい写真を含め新たに出版されました。アンドレア・アマティ、アントニオ・ストラディヴァリ(“メシア”を含む)、ガスパロ・ダ・サロ(ヴィオラ)などを掲載。

384ページ
¥50,000(税抜)

Violin and Lute Makers of Venice Stefano Pio 著 《SOLD OUT》

古くからヴァイオリン製作の地として栄えたヴェニスの製作カの楽器を多数掲載。マテオ・ゴフリラー、ピエトロ・ガルネリ、ドメニコ・モンタニアーナなど。

384ページ
¥30,000(税抜)

Original Modelli e Copie

オリジナル楽器とコピー楽器を同時に掲載した興味深い写真集。

167ページ
¥15,000(税抜)

The Cooper Collection

1巻 255ページ ¥35,000(税抜)
2巻 255ページ ¥25,000(税抜)《SOLD OUT》

イギリスのコレクター、Albert Cooper氏のコレクションを掲載。日本語訳付き。

CAPICCHIONI Marcello Villa著

Capicchioni親子の生涯と楽器について。
クレモナの現代ヴァイオリン製作家、Marcello Villa著。

191ページ
¥25,000(税抜)


FRENCH BOW MAKERS A CONCISE GUIDE

Anton Lu著
320ページ
¥20,000(税抜)

un secolo di Liuteria Italiana Ⅲ-Liguria

ERIC BROT著
213ページ
¥35,000(税抜)

THE VOLLER BROTHERS

112ページ
¥30,000(税抜)

MASTERPIECES OF ITALIAN MAKING

英国国立音楽院の楽器コレクション
David Rattray著
¥18,000(税抜)
192ページ

ROMA&I SUOI LEUTARI

Claude Lebet著
443ページ
¥50,000(税抜)

EMERGING NATIONAL STYLES AND CREMNESE COPIES

Dr. John Huber著
160ページ
¥15,000(税抜)
ストラディヴァリ、ガルネリ・デル・ジェスと19世紀の製作家によるそのコピー作品を掲載。

HOW MANY STRAD?

Ernest N. Doring著
464ページ
¥50,000(税抜)

ストラディヴァリに製作され、残っているとされる作品が年代順に記された文献。ストラド生誕100周年に編集。

ANTONIO STRADIVARI  DISEGNI/MODELLI/FORME

387ページ
¥23,000(税抜)

ストラディヴァリの工房からクレモナヴァイオリン博物館に移された700以上の展示品(図面、塚、道具など)のカタログ。

LIUTAI PIEMONTESI fra XIX e XX sec. de PRESSENDA a FAGNOLA

79ページ
¥14,000(税抜)

プレッセンダ、ファニョーラを始めとする19~20世紀ピエモンテーゼ16名のバイオリン製作家の作品を収録。

CINQUE SECOLI DI STORIA DELLA LIUTERIA da STRADIVARI alla FAMIGLIA FIORINI

Paolo Bandini著
150ページ
¥12,000(税込)

サンマリノ共和国博物館所蔵の楽器を収録。

MARINO CAPICCHIONI e MARIO CAPICCHIONI

Pio Sbrighi、Lorenzo Frignani著
159ページ
¥25,000(税込)

LES COLLECTIONS INSTRUMENTALES DU CONSERVATOIRE DE PARIS 1793-1993

Florence Gétreau著
798ページ(仏語)
¥25,000(税込)

1793~1993年の間、パリ国立高等音楽院に関わりのあった楽器に関する資料。

LES TRESORS DE LA LUTHERIE FRANCAISE DE XIXe

84ページ
¥75,000(税込)

19世紀フランスの製作家50人の楽器を収録。

ITALIAN&FRENCH VIOLIN MAKERS 4巻セット

Jost Thöne著
Ⅰ167ページ
Ⅱ199ページ
Ⅲ199ページ
Ⅳ216ページ
¥300,000(税込)

17~20世紀のイタリア、フランスの名器133本収録。

The stringed instrument collection in the Library of Congress
The classic bowed stringed instruments from the Smithsonian Institution
The stringed instrument collection in the Corcoran Gallery of Art

学研3巻セット(上から115ページ、179ページ、127ページ)撮影:横山進一 ¥100,000(税抜)

アメリカ・ワシントンDCにある3つの弦楽器コレクションをまとめた3冊の写真集。

ALIVING LEGACYHISTORIC STRINGED INSTRUMENTS AT THE JUILLIARD SCHOOL

Lisa B. Robinson著
89ページ
¥20,000(税抜)

2005年ジュリアード音楽学院100周年を記念して作成され、ジュリアードの歴史的な弦楽器コレクションを掲載。

LES ARCHETIERS DE LA FAMILLE BAZIN 1824 – 1987

495ページ

¥66,000(税込)

19世紀から20世紀にかけて、フランス弓製作の礎を築いたバザン一族の研究書。

上記以外にも在庫がございます。店頭でご覧いただけます。ご希望の場合はお送りすることもできます。詳しくはシャコンヌまでお問い合わせください。